2021年つき之あき先生からのメッセージ✩.*˚

レムリアの扉✴︎ 2021年 つき之あき先生からのメッセージ✩.*˚

【四柱推命鑑定師 つき之あき先生プロフィール】


明けましておめでとうございます。

今年一年みなさまにとって佳き年となるよう心からお祈り申し上げます。

仙台を中心として活動をしております

四柱推命講師・鑑定師の「つき之 あき」といいます。

昨年激動の一年を終えて2021年がどんな年になっていくのか、そんなお話をしたいと思います。

四柱推命から予測する2021年。

干支(えと)というと、十二支で馴染みのある言葉でありますが、四柱推命では干支(かんし)と呼びます。

ですので、2021年はただの丑年ではなく、「辛丑・かのとうし」の年になります。

この干支(かんし)とは十干と十二支を組み合わせたもので全部で60種類あります。

十干には甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸があり、十二支は子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥です。

これを、甲子、乙丑、丙寅、、、と組み合わせていくと60組出来上がり、60年で一回りすることにまります。そこから還暦を迎える、つまり赤子に戻ってまた60年が始まるということで、赤い帽子とちゃんちゃんこを着てお祝いするわけです。

他に身近なものですと、甲子園球場です。一番最初の干支(かんし)である甲子の年に完成したことから、ゲン担ぎとしてそれに因んだ名前がつけられました。

そしてこの十干ですが、大変なブームになった鬼滅の刃の中でも、鬼殺隊の階級としても使われていることもあり、四柱推命を知らない方でも目にされたことがあるのではないでしょうか。

さて、今年の干支(かんし)「辛丑」についてです。

辛についてですが、この辛は金の陰の属性になります。陰陽を兄弟に見立て金の弟とも言われます。

これは陰陽五行説と言って易経(全ては陰と陽2つの要素から成り立つ理論)と、五行説(万物は木・火・土・金・水5つの要素から成り立つ理論)を組み合わせたもので、5つの「空間の気を表す」言葉となります。

この干支を植物の一生に例えるなら、

辛は「草木が枯れ朽ち果て、新しいものが始まろうとしている状態」、丑は「芽が出ようとしている状態」を表しています。

コロナというウィルスの登場により今まで私たちの生活は一変してしまいました。

これまで当たり前と思っていた常識などが覆り、ソーシャルディスタンス、マスクの着用、少し前とは全然違う風景が今の日常となっています。

仕事も会社へ出勤してする、からテレワークへと余儀なくされました。社会情勢からいっても間違いなく変換期に来ていることは明らかでしょう。

新しいことがはじまるにはそれに伴う痛みがでてくることも多くなっていきます。この辛も字のごとく辛いと読みます。硬い殻を破る芽吹きの時に伴う、いたみやつらさを乗り越えての輝く未来があるのではないでしょうか。

そしてその痛みをどう捉えていくのかもとても大切になってきます。痛みや辛い思いをするのは嫌だと大概の人は思うでしょう。
でも、大切な生命がこの世に生まれ落ちるには出産からもわかるようにお母さんは相当な痛みに耐えて赤ちゃんを産み落とします。
その痛みを体験してまでも子を授かるという喜びには代えがたいものがあるのでしょう。

そう思えば痛みや辛さが悪いことばかりではないと思えてきませんか?
その痛みや辛ささえも楽しめたなら今年一年を攻略できたも同然です。またこの辛の年は地震も起きやすいです。東日本大震災の年も辛でした。自然災害は防ぎようがありませんが、十分な備え等出来ることをされておかれるとよいでしょう。

今年一年の指針となれば幸いです。みなさまにとってより良き一年となりますよう。

ありがとうございました。

最後につき之あきからのお知らせです。

自分の人生の選択権は自分にあるのだと思うことで、舵を取れるようになります。
個の時代とも言われ、物質社会から精神社会への移行時期。そんな時代の中で四柱推命を学ばれるのもよいと思います。

四柱推命は自分はもちろんのこと、大切な人をも幸せにするツールであります。このツールは生涯あなたの役に立つことでしょう。わたしが所属する鳥海流四柱推命は推命NAVIを使用して命式・鑑定書の作成が簡単に行え、鑑定に集中でき、数ある流派の中では一番分かり易く学べる流派です。

疑問や質問など受け付けております。お問い合わせはこちらまで→✉sun_flowers552@yahoo.co.jp

*§*―――――*§*―――――*§*―――――*§*―――――*§*